コラム
防虫効果

家からゴキブリを追い出す方法

ゴキブリが現れるとみんなパニックパニック。
部屋をキレイにしていても、殺虫剤で駆除してもどんどん出る!
もうたまりませんよね。
ですが、今回はゴキブリを家から追い出す方法を教えちゃいます。
黒い悪魔ゴキブリを家から追い出そう!

%ef%bc%91%ef%bc%91%ef%bc%91%e5%9b%b31

ゴキブリの習性

水さえあれば、約90日間は生存できる

人は水だけで何日生きられるか?こんなこと考えたことありませんか?
年齢や性別、体格にもよりますが、およそ30日が限界と言われています。
これをはるかに凌駕するのがゴキブリちゃんで、人の3倍のおよそ90日です。
小さな害虫の分際で何て燃費がいいのでしょうか。

lgi01a201408200700

狭くて、暗くて、暖かい場所が好き

ゴキブリは夜行性で、人が寝てる時に活発に行動を始めます。
基本は臆病者で、物事にとても敏感。
だから、家電の裏側や壁と家具のすき間などに群れを成して生息しています。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

基本的に何でも食べる

体を火で炙ってもなかなか死なないほどの生命力を持つゴキブリ。
(火事になるので、絶対に燃やさないでください。)
やはりそんな強い生き物はモリモリ何でも食べます。
人の食べ物はもちろん、紙やホコリ、人間の髪の毛や垢まで食べます。

%e5%9b%b316

ゴキブリの苦手なもの

気門を狙え!

ゴキブリをはじめとした多くの昆虫類は、人のように口から呼吸するのではなく、
体にある気門と呼ばれる小さな穴から呼吸しています。
気門が水に濡れてしまったり、ゴミが入ってしまうとと呼吸が出来なくなり、
死んでしまうので、気門の周りは毛が生えていたりとなんだかんだで守られています。

「気門」って何だ!?

ゴキブリの場合は表面を油でギトギトになっています。
だから火をつけると燃えるのです。火気厳禁です。
これは気門を水から守るためで、実際に水をかけても撃退はしにくい。
そのため界面活性剤入りの石鹸水やサラダ油などをかけると、液体が気門をふさぎ、
ゴキブリを簡単に退治できると言うわけです。

ゴキブリはアロマの香りが苦手

アロマとは植物や果物から抽出した精油(エッセンシャルオイルとも呼ばれる)のこと。
特に刺激のあるハーブ系の香りが苦手です。
アロマは殺虫剤と違って、基本的には人体に影響がありません。
そのため、リラックスしつつ、虫も忌避できるという効果も期待できるわけです。
さわやか消臭剤は植物精油でできた消臭剤。
もちろんゴキブリの苦手な香りも含まれていますので、
「消臭」「アロマ」「防虫」の3つの効果が同時に実感できます。

%e5%9b%b38

これをキッチンや玄関、脱衣所などのゴキブリ発生場所に設置しておくと
ゴキブリが逃げていきますよ。