コラム
衣服の臭いの対処法

タバコの嫌な臭いの原因と消臭方法

tobacco-smell

お酒の場などに足を運んだとき、タバコの臭いが気になる人は多いのではないでしょうか。タバコの臭いが服についてしまうと、なかなか臭いをとることができません。今回は、喫煙者はもちろん非喫煙者も知っておきたい、タバコのしつこい臭いの原因と消臭方法を紹介します。大人のエチケットのひとつとして、ぜひ参考にしてください。

タバコ臭はさまざまな有害成分が原因?

タバコの臭いがなかなかとれないのは、タバコに含まれている「アンモニア」、「タール」、「アセトアルデヒド」をはじめとする、さまざまな有害成分が原因だと言われています。ほかにも硫化水素やニコチン、窒素化合物などさまざまな成分が入っており、これらが混ざり合って服に付着するために、なかなかとれない頑固な悪臭となるのです。

これらの悪臭には、香水や芳香剤を使用してもあまり効果がありません。タバコの臭いを別の香りでカバーしても、タバコの臭いと混ざり合ってしまい不快感は増すばかり。臭いの元からなくさなければ、根本的な解決にはならないのです。では、衣類についたタバコの臭いを取り除くにはどうしたら良いのでしょうか?

衣服についたタバコの臭いをすぐに緩和する方法

即効性のある方法は、消臭効果が高いスプレーを使うことです。芳香剤などを使って別の香りでごまかすのではなく、臭いを中和、消臭させるタイプを使用します。「さわやか」スプレータイプを衣服にかけてみましょう。フィトンチッドという天然の芳香成分が臭いを包み込み、悪臭をほんのり優しい植物の香りに変化させます。森の中にいるような優しい香りは、天然植物オイルを使った消臭剤特有のものです。

衣服についたタバコの臭いを消すためには、繊維の間に入ったニオイ成分を取り除く必要があります。体に直接吹きつけるのではなく、衣服に消臭剤を使用して臭いを緩和しましょう。

洗えない衣類についたタバコ臭をやわらげる方法

コートなど簡単には洗えない衣類にタバコ臭がついた際は、衣類に風を当てて対処しましょう。服の繊維に入り込んだニオイ分子を吹き飛ばし、悪臭を緩和する効果が期待できます。20~30cm衣類から離して、ドライヤーの温風を当てましょう。飲み会に参加しているときに臭いが気になった場合は、お店から出て衣服を振り回すとニオイ分子がある程度落とせるはずです。

また、シャワーを浴びた後にバスルームに衣類を吊るしておくと、蒸気と一緒にニオイ分子が飛ばされて、翌日には臭いが緩和されます。ただし衣類が湿ったまま保管すると生地が傷みますので、よく乾かしてから収納してください。

タバコの臭いは、吸わない人にとってはかなり気になるいやな臭いです。けれども正しい対策を知っておけば、喫煙者が集まる飲み会でも安心。タバコの臭いが気になるからと躊躇していた集まりも、足を運びやすくなるかもしれません。もちろん自分自身がタバコを吸うという人も、マナーとして対処法を身に付けておきたいところです。上記を参考に消臭ケアを実践して、タバコの臭いとは無縁の生活を送りましょう。