オメガエア OMEGA AIR フィルターエレメントは省エネにつながるか

圧縮空気システムの課題
ガス・電気・水とともに第4のユーティリティと位置づけられる圧縮空気ですが、工場におけるエネルギー使用量の2030%近くを占めており、
コストパフォーマンスと環境の点において効率の悪いユーティリティーと言えます。
工場においては、ごく一般的なシステムであるにも関わらず、圧縮空気システムは一般的に非効率的なシステムのひとつであり、
入力エネルギーの
80〜90%以上が圧縮熱だけで失われます。
全体的な非効率性に加えて、エア漏れの発生やメンテナンス不全、不適切な部品の使用などで、エネルギーコストが押し上げられ、
圧縮空気システムの寿命を縮めていることも事実です。これは、圧縮エアが最も高価なエネルギーのひとつであることを意味しており、
多くの場合、大規模製造業にとって年間数千万円のコストが無駄になっていることを表しています。




コンプレッサの消費電力は、工場設備で消費される電力のうち全体の約25%を占めます。
工場側の必要風量が大幅に減少し、コンプレッサの負荷が軽減することで、大きな省エネ効果を生むことができます。
また、コンプレッサにかかるコストの大部分は電力コストであり、コンプレッサのエネルギー消費の見直すことで、
大幅なコスト削減と環境負荷低減による環境改善への寄与ができます。